2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

【Master of Orion】人類プレイpart2

 【17//2016】

 Master of Orionの人類プレイpart2になります.
part1はこちら
94ターン目からです.
銀河系マップは次のようになっています.
MoOパート2開始時マップ

左が我ら人類の拠点.下の方にサイロン(エイリアンみたいなやつ).左上にクラッコン(キモイ蟻)がいて,右側にメクラーを発見したところです.
方針としては,銀河系中心左側にオリオンがあるので,上の方に勢力を伸ばしていきたいですね.
つまり,仮想敵はクラッコン.メクラーやサイロンとは友好関係を築いていこうと思います.
最終的には決戦しますが.

104ターン目.
知能向上を獲得.これで研究スピードの底上げができます.
ここからは,疎かにしていた軍事力を猛スピードで拡充させます.
MoO知能向上獲得

125ターン目.
ルシャンと遭遇.
MoOルシャン遭遇
誇り高く,ビームの命中率が高くなる狙撃の名手らしいです.(未だ手動で砲撃してんのかよ・・・
高潔な戦闘種族ですね.

130ターン目.
凍原型の惑星ラニガーⅠを植民.
MoOラニガーⅠ植民
生態系が凍原型のため,人口を増やすのが少し遅くなります.
しかし鉱石が超豊富なため,生産力が高いため人口を増やせば軍艦の製造などを速く行うための重要な拠点となるでしょう.

185ターン目.
戦争が起きないまま内政に注力しているといつのまにか50ターンほど過ぎていました・・・.
目標としていた”教範”の研究が完了し,宇宙大学を選択.
MoO教範研究完了
この宇宙大学は,人口を割り当てるセル1つにつき研究値を+2する強力な効果を持っています.

また研究の展望になるのですが,
中盤から後半はこうなります.
MoO中後半研究ツリー
まず”高等政府”ですが,これは早めにとっておきたいですね.惑星間行政施設は使い方を理解すれば強力な建設物です.
高等コロニー船も研究でき,これにより入植してからクレジットや研究・軍艦の製造を行うまでにかかる時間や費用をかなり削減できます.
”部分空間物理学”はコマンドポイント(簡単に説明すると,持てる軍艦の最大値)を増やせます.
”トランス遺伝工学”は,ある程度生態系が安定している惑星を更にテラフォーミングして最大人口を増やせます.
”ナノテクノロジー”は産業革命みたいなもので,取得するだけで建設スピードが25%も上がります.これはかなり優先すべき研究です.
赤枠の”人工生命”は取得するだけで人口増加スピードがあがるので,早めに取りたいです.
黄色枠の”銀河経済”これは最優先でとるべき研究になります.クレジットの取得を大幅に底上げする惑星間証券取引所.取得するだけで各惑星の最大人口を+5する超強力な効果を持った施設・効果を取得できます.ただし,片方のみの選択式です.私は,惑星間証券取引所一択であると思います.
”地殻変動工学”は,効果の高い施設を選択式でゲットできます.両方とも有用なので,早めに取得するといいと思います.


248ターン目.
全く戦争していない・・・.
ここで,対クラッコン戦にむけて,各艦艇の装備を整えたいと思います.
MoO陽炎型 MoO吹雪型 MoO高雄型 MoO金剛型 MoO瑞鳳型
以上の5隻をデザインしなおしました.
名前は,完全な趣味です(^o^)
特に,瑞鳳型以外からは反物質爆弾を取り上げました.
爆弾は,敵惑星を爆撃するときにしか使わないので,戦闘艦に装備させると艦艇スペースがもったいないので,後方から爆撃機を飛ばすサポートメインの瑞鳳型の余剰スペースにのみ搭載しています.

これらの艦艇を量産して戦争へ準備を加速させたいと思います.

261ターン目.
ようやく,軍備が整い宣戦布告の準備が完了しました.
宣戦布告するのは,キモイ蟻ことクラッコン族です.
MoO宣戦布告クラッコン

我が最新鋭の宇宙艦隊は,
瑞鳳型1隻
金剛型2隻
高雄型3隻
吹雪型1隻
陽炎型7隻

という編成になっています.
一番近いクラッコンの惑星はセリアルⅠ.まずはここを殲滅したいと思います.
守る敵艦隊は,
デストロイヤー級4隻
フリゲート級10隻
です.
数では全くの互角ですが,下馬評では圧倒的有利.
完全に虚を突いた宣戦布告になりました.
丁寧に外交画面から宣戦布告せずに,宣戦布告同時攻撃を仕掛けます.

戦闘を動画でアップロードしました.
まだまだ画面中がミサイルやビーム兵器で埋め尽くされておらず,小規模な戦闘です.
結果は圧勝!
小破した艦はあれど,撃沈された艦は無し.
セリアルⅠは,人口が1名で最近植民した惑星のようでした.
その後瑞鳳型の爆弾で爆撃し,全滅させることに成功.
MoO宣戦布告クラッコン外交画面
キモイ蟻,激オコです

263ターン目.
ダーロックと遭遇.
MoOダーロック遭遇
陰湿でスパイに特化していた種族だったと思います.
これで今回の銀河系の6種族は全て判明しました.
ダーロックはルシャン(猫)と戦争状態.ルシャンとクラッコン(キモイ蟻)は戦争状態です.
さらにルシャンはメクラー(半機械族)とも戦闘状態で,いつの間にか人口12まで減っていました・・・.
戦闘民族過ぎるだろ・・・

265ターン目.
クラッコン族のイルダン星系へ侵攻.イルダンⅠの守備艦艇を撃破し,爆撃を開始しました.
MoO対クラッコン戦争目標 赤丸で囲んだ星系が,今回攻撃したイルダン星系です.
戦争目標は,クラッコン族の殲滅ではなく,生存圏の拡大にあります.
今現在,緑の楕円内で人類は繁栄していますが,オリオンを含んだ巨大な黄色線で囲んだエリアへと活動範囲を広げることが目的です.
黄色エリアに広げた場合,防衛するために他種族と接する星系は2つで済むため非常に効率的な防衛が期待できます.
この戦争に勝利すれば,人類の更なる繁栄を築くことができるようになるはずです.

今回のpart2はここまでで終わります.

【Master of Orion】人類プレイpart3

Category: Master of Orion

Tags : ぐだすく ゲーム とかく屋 MoO

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する